CLUTCH Magazine 2014年2月号

201402_CLUTCH-Magazine_01

201402_CLUTCH-Magazine_02

いくつになっても刺激を求める心を忘れない男性のための、カルチャー×ファッション×ライフスタイル誌「CLUTCH Magazine」最新号にてLFCの最新アイテムが掲載されています。CLUTCHが描くアメリカンスタイルにもバッチリハマるLFCジュエリーの魅力を感じ取ってください。

STYLE SAMPLE N° 01

001_01

TOP/Kingman¥96,495

BANGLE/Fox ¥110,250

RING/Number8 ¥117,600

 

2nd Mag最新号でも掲載されたオススメモデルになります。シックなスタイルにアクセントとして

存在感を放つターコイズジュエリー群。ワンランク上のスタイルを確立しています。

 

001_02

BANGLE/Number 8¥145,824

RING/Lone Mountain¥81,648

 

腕周りを鮮やかに彩るバングルとリングのコンビネーションが印象的。さりげなくも存在感を主張するLFCならではの重厚感と本物だけが放つ高級感が魅力です。

2nd 2014年 2月号

201402_2nd_p01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

201402_2nd_p02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男の1番/ファーストがビジネスでありビジネススーツであるなら、2番/2ndは休日であり、カジュアルファッション。つまり、二の次である休日のカジュアルファッションで「格好いい大人」になるためのファッション誌をコンセプトに大きな人気を集めている2nd magの最新号にてLFCが掲載されました。ネックレスからリングバックルに至まで全て1点物のプレミアムモデルです。是非ご覧ください!

The History of Lowry Family Vol.2
〜ターコイズの王〜

ターコイズの王

 

King of turquoiseザックの名前で友人達に知られたジェシー・コーデル・ザッカリー・ジュニアは、9歳でターコイズの裁断を始めた。彼の優しい人柄とあたたかいもてなしの心、そしてターコイズにかける情熱によって、彼は多くの偉大な友人と最大級のターコイズコレクションを手に入れた。

 

彼のコレクションは実に世界の150ものターコイズ鉱山に相当する。また、そのコレクションの中心にある象徴的な「ジョージ・ワシントン」はターコイズの代名詞として知られている。

アメリカニューメキシコ州のアルバカーキにあるターコイズミュージアムではザックのコレクションを保管している。ザックについては、本や多くの新聞、雑誌で読むことができる。

 

 

 

The King of Turquoise

TheFirstZacharyLapidaryShopJesse Cordell Zachary, Jr. who was known to his friends as “Zack” starting cutting turquoise when he was nine years old. His hospitality and gentle personality along with his passion for turquoise led him to collect many great friends and the largest collection of turquoise. His collection represents over 150 turquoise mines from around the world. The iconic “George Washington” is at the center of his collection and is known as the namesake of turquoise. The Turquoise Museum in Albuquerque, New Mexico USA houses Zack’s collection. You can read about Zack in many newspaper and magazine articles as well as several books.

The History of Lowry Family Vol.1
〜ターコイズとの出会い〜

ターコイズとの出会い

Great Grandpa traveling and trading 1

 

かつて、何百万もの人々がアメリカ西部に向けてルート66を旅した。その1人である私の曾祖父、ジェシー・コーデル・ザッカリー・シニアは1932年、家族のより良い未来を探し求め、インディアナ州のニューキャッスルから西へと向かった。彼はニューメキシコ州アルバカーキで生活の拠点を築き、そこに自身の未来を賭けた。

 

 

その年、ザッカリーはホールズ・インディアン交易所のボブ・ホールに、ターコイズ裁断師、銀細工師として雇われた。1936年、ザッカリーはホールの依頼で、ヴィラ・グローヴ・ターコイズ鉱山を運営するため、家族と共にコロラド州へ身を移した。まさに、ザッカリーがインディアン商取引とターコイズのビジネスを始めたのがその年である。その後、ザッカリーはアメリカ南西部を旅しながら、買い付けたターコイズを加工し、それをあちこちの交易所や博物館、ギフトショップに販売、あるいはラグなどと交換したりしながら生計を立てた。

 

 

Great Grandpa

 

曾祖母は私によく、遠く離れたインディアン居住地へ旅したときの話をしてくれたものだった。「ザッカリーの取引が終わるまで車の中で眠っていると、ナバホ族の子どもたちが窓越しに私の顔をじっと見つめていたの。」彼らはそれまで白人女性を見たことが無かったのだろう。

 

その後、ザッカリーは1970年代はじめに引退し、1994年に92歳でこの世を去った。

 

 

 

 

Encounter with turquoise

 

Millions of people have traveled the Historic Route 66 Highway to the American West. My Great Grandfather Jesse Cordell Zachary, Sr. headed west from New Castle, Indiana in 1932 in search of a better economic future for his family. He established a home and staked his future in Albuquerque, New Mexico.

 

Bob Hall hired Mr. Zachary as a turquoise cutter and silversmith for Hall’s Indian Trading Post in 1932. In 1934 Mr. Hall asked him to move his family to Colorado to manage the famous Villa Grove Turquoise mine. It was in 1936 that Jesse began his own turquoise and Indian merchandise trading business. My great grandfather would travel the American Southwest buying turquoise rough, cutting stones and then selling or trading these cabochons for rugs and other items with trading posts, museums and gift shops around the American southwest.

 

My great grandmother would tell the story of traveling so far out on the Indian reservation that while she waited in the car for my great grandfather to finish his trades, she fell asleep and awoke to find Navajo children staring at her through the car windows because they had never seen a white woman. My great grandfather retired in the early 1970s. He was 92 years old and died in 1994.